車内フェラ

 出会い系の掲示板を見ていたら「暇っ」って、投稿している女の子がいたから、メールを送ってみました。
よほど退屈だったのか、返事も直ぐ届いて、やりとりを始められました。
「暇だから、どこか連れてってよ」
「なら、ドライブとかどう?」
「いいかも!」
「どこ行きたい?」
「どこでも良いよ」
こんな、適当なやりとりの後、待ち合わせを決められてしまったから驚きです。

 相手の女の子、23歳のフリーターでした。
居酒屋でアルバイト中とのこと。
見た目、そこそこ良し。
オッパイDカップ。
何となく、エロい雰囲気を放っている女の子。
もしや?なんて、男の下心が疼いてしまいました。

 Eちゃん連れて、まずは海側をドライブ。
「ドライブは、久しぶりだから楽しいよ」
満足そうな微笑みを見せてくれ、さらに下心が疼いてしまいます。
「今度は、山の方にいってみようか」
「うん、賛成!」
屈託のない、魅力的な女の子に、ドライブ中も股間がオッキを始めてしまう。
「彼氏いないの?」
「今1人だよ」
「ムラムラしない?」
「もう、エッチは絶対ダメだからね(笑)」
断固拒否ではないその姿に、期待は膨らみ上がって行く状態。
「口だけとかダメ?」
車内フェラの約束をしたJKにアマギフを渡して学んだフェラ友の探し方
「ええ、お小遣いくれるんなら」
「ガチで?いくら?」
「5000円」
「乗った!」
車を山道に向け、人気のいない場所まで移動しました。

 初対面の女の子に、車内フェラをしてもらうことに。
元気イッパイに、ジュニアは起き上がっていました。
ささっと、下半身を裸になり、オッキ中のチンコを見せてやる。
「ふふっ、もう硬くしちゃって、エッチだよね」
言うやいなや、車内フェラを開始。
なんだかんだ、なかなかのしゃぶりっぷりでビックリ。
ベロンベロンと亀頭周辺を、舌でしゃぶりつくしてくる感じなんです。
確かに、ここのところ女の子にしゃぶってもらっていなかったから、これが超絶気持ちが良い。
Eちゃんの車内フェラで、腰が抜けたような状態になってしまったのです。
Eちゃんは、サービス満点で、タマはおろか、アナルまで舐めてくれちゃって、本当気持ちいい。
さらに、激しい手コキまで披露してくれました。

 初対面の相手に、車内フェラでいっぱい快楽を与えてもらいました。
女の子と一緒の時間も楽しめたし、射精も出来たし、満足する一日になりました。
プチ援掲示板
フェラ援